2006年03月27日

#72 今、一番欲しいもの

学びたい。何についてでも良いんだ。

ここ近年取り組みだした英語でも良いよ。まだ全然進歩がないから。
ハリポタの原書が(つっかえつっかえ)読めるようになったからって、会話が出来る訳じゃない。会話がしてみたい。聞き取れるようになりたい。

高校時代数学に躓いたおかげで、興味はあったのに進めなかった理系分野についても学んでみたい。
生物なんか、すっごい興味あったんだ。生き物が好きだから。
物理も興味だけは津々だったよ。公式がさっぱり理解できなくて、ついていけなかったけどさ。

大学で専攻してた、史学。これに関しては、未練というか心残りが大きい。
どうしてもっと色んな本を読んでおかなかったんだろう。大学の図書館が気軽に使えて、何時間でも入り浸れて、貴重書でも許可さえ取れば閲覧できて。時々、過去に戻って書庫に籠もりたくて堪らなくなる。
どうしてもっと興味のあった土地を尋ねておかなかったんだろう。学生時代なんて、一番人生で“時間の自由”が効いた時代だったのに。親に借金してでも、長期休暇をフルに使ってフィールドワークに出れば良かった。
“大学生”という身分がこれほどまでに恵まれていたって事に気付いたのは、社会人になってしばらくしてから。「後悔先に立たず」という諺は、本当だよね。

今からでも“学ぶ”のは遅くないはず。
そうは思うけど、何から手を付けようと迷ってしまって先に先に延ばしている。やりたい事は色々あるのに、未知の領域に尻込みして逃げている。
ダメならダメだとハッキリ分かるまで足掻くだけ足掻いて諦めるなら、まだカッコもつくのに、足掻くための入口にすら立っていない。
甘いなあと思う。
ダメな人間だなとも思う。
思うだけで、前には一歩も踏み出してない自分に嫌になる。
最近このスパイラルにはまってしまっている。
仕事に追われるだけの日々を繰り返し、幼い頃から生活に染みついて染み込んでいた日々のささやかな楽しみが苦痛に変容し、「毎日何のために生きてるのかな」と鬱々考え込んでしまうせいもあるんだろう。
(楽しみ=プロ野球。大阪近鉄バファローズを奪われた今、この球団が存在しないプロ野球は私にとっては苦しみ・痛み・悲しみを味わわされ、怒りと嘆きをぶつける対象でしかない。スポーツニュースなんて見たくも聞きたくもないよ。もう近鉄が無いって事を、でもだからってプロ野球の興行には何の支障も無いという事実を、改めて実感させられるだけだから。)

「何のために」かが分からないから、せめて「何かをして」生きていたいと願うんだ。
そうなんだけど、やっぱり一歩が踏み出せない。
何をしよう。何をすれば良いんだろう。正解なんて無いのだと、分かってはいるんだけれど。でも、どうすれば一歩を踏み出せるのか、それが分からなくて途惑って動けない。

背中を押してくれる“何か”が、今一番欲しいものかもしれない。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。