2006年04月10日

#86 鞍馬寺

昨日の続き。昨日はおおむね晴れていたのに青空が見えないなと思っていたら、黄砂が凄かったんだそうだ。納得。

昨年大河ドラマの主人公にもなった源義経が、天狗に師事して修行に励んだという伝説で有名な鞍馬。
だから叡山電鉄・鞍馬駅前にも、当然こんなオブジェがあったりするんである。
おいでやす鞍馬
もちろん土産物も天狗やら義経やらをあしらった物が多いわけだが、中でも爆笑を誘ったのがコレ。
はろうきてぃ・京都限定天狗バージョン
キティラーでも無いのに買ってしまったくらいウケたよ。いつもの私なら絶対カトちゃん天狗をチョイスするのに、迷わず手が伸びたもんな(笑)

駅と寺は近く、歩いて5分もすれば山門下に着く。
060409_04.jpg
でも問題なのは、ハッキリ言ってこれから。
鞍馬寺の堂宇は基本的に山の中に散在しており、階段の上り下りが非常に多い。
階段
また場所によっては下記写真のように地上に木の根が張り出した、足の悪い人にはかなり辛い山道を歩かねばならない。(通称「木の根道」)
木の根道
だから全て見て回ろうとすると、それはもうちょっとしたハイキングである。(万歩計を付けていた母によると、鞍馬・貴船・哲学の道で合計2万歩超えてたそうだ。そしてそのうちの半分以上は階段&山道だ)
でも鞍馬寺は山内を巡ってナンボと個人的には思うので、訪れる予定のある人は、是非踏破していただきたい。木洩れ日の射す風景は良いものだよ。
木洩れ日の射す風景

長くなったので、続きはまた今度。
今日は特に何も無かった一日だった。展覧会の招待券を色々貰えたのは嬉しかったけど、今後土曜出勤が増えそうだし、いつ行けるかな(苦笑)
posted by しろー at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。