2006年05月28日

#135 『大絵巻展』はやっぱり混んでた

開場時間より少し早く着いたのに、実際に入場できるまで1時間並んだよ。
2カ所に分けて展示されてた目玉の「鳥獣戯画」と「源氏物語絵巻」の所でも、最前列で観るためには並ぶ必要があって、それで合計1時間ちょい消化。
午前9時半に並び始めて入場できたのが10時半で、見終わったのが午後1時。
待ち時間含め、3時間半も京都国立博物館で過ごしたんだねぇ。

とは言っても、待ち時間は実はさほど苦にならなかった。
友人と一緒だったので待ってる間はずっと喋ってたから退屈はしなかったし(会場内も人が多くてざわついてたので、小声の会話なら他の人の邪魔にはならなかった)、スタッフが配備されていて待ち時間や注意事項を随時伝えて観覧者をきちんと誘導してくれたから、ストレスにならなかったんだよね。
「ちゃんと並べば良いポジションで観られるんだ」っていう安心感が持てたのが良かった。

こういうとこ見習って欲しい美術館や博物館は、結構ある。
特に『正倉院展』開催中の奈良国立博物館。
しょっぱなから渋滞するから、目玉を入口近くに置かないで欲しい。
あと観覧者がスムーズに一定方向に流れるよう順路を作って、ロープか何かでそれを明示して欲しい。
毎年ただでさえ人出が多くて混雑するんだから、ちょっと考えて展示して欲しいよ。
posted by しろー at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。