2006年06月30日

#170 ハーブつれづれ1

水栽培のミントのグラスの中に、コロコロとした小さな黒い物がたくさん落ちていた。
「?」と思って揺らすと、更に増加。
「増える=腐るor何かのナマモノの糞」と推測し、よくよく見てみると、ピ〜ンと体を伸ばして一生懸命枝に擬態している、体長2cmほどの青虫を発見。
同じニョロニョロ系のパプキンは毎日観察しつつ興味深く育てている私だが、この青虫君にはゴミ箱へ直行願った。
だってミントが大事だもん。
庭に放してやっても良かったけど、夜に外に出るのは自発的に蚊に献血しに行くよーなもんなんで。
スマン、これも弱肉強食の世の理じゃ。(←違うからソレ)

ポッド苗のミントは外に出してあるんだが、一部葉が真っ黒になって枯れていた。
強い陽射しを嫌うらしいと知っていて、夏間近の直射日光を浴びさせていた私が悪い。
明日朝の涼しいうちに、どうにかしてやろう。

レモンバームは水栽培の方は葉が変色、どうも失敗っぽい。
ポッド苗の方は、ミントと同じく直射日光アウトらしいのに、隣に置いてるにも関わらず何故か元気。
まあいいけどな(苦笑)
posted by しろー at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

2006年06月29日

#169 スタバのタンブラー壊しちゃった

バッグから手提げに入れ換えようとした時に手が滑って落っことし、クモの巣状に大きなヒビが。
しょーがないんで捨てたよ(T-T)
これで家で使う用のが無くなってしまった……。

幸い、今は夏で一番大きいサイズ(470mlだっけ?)のタンブラーが発売されてるから、明日帰りに寄って買ってこよう。
要らぬ出費を増やしてしまい、ちょっと凹んだ一日だった。・゚・(ノД`)・゚・。
posted by しろー at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泣:なきごと

2006年06月28日

#168 メリッサってこいつか!

本日、更にもう一株ハーブを購入。
説明に「虫除け」とあったんで、それに釣られてみた(単純)
んで帰宅後育て方とか効能とか調べてたら、別名“メリッサ”とあるじゃ〜ないか。

“メリッサ”と聞いて真っ先に思いつくのは、ポルノグラフィティの曲。
“アポロ”と並んで私の大好きな曲なんだけど、その曲名になっているハーブがこれとは思いも寄らなかったよ。
だって苗のポッドには、“レモンバーム”て書いてあるんだもん(笑)

良い匂いだし、ハーブティーにも使えるそうだし、お風呂に入れても良いらしいので、これも水栽培して増やすことに決定。
早速モロゾフのプリン容器に水を入れて、10cm位の長さに切った枝を突っ込んどいた。
ちなみに昨日のミントも、モロゾフ容器に入れてある(笑)
は〜やく根っこが出ないかなっと♪

ちなみに母は、本日よりアボカドの種の水栽培を始めた。
「水栽培」をキーワードにネット検索したらアボカドを水栽培してる人の日記やらブログやらが結構引っかかったのだが、たまたま本日の夕食にアボカド使ってたんでその話をすると、既にゴミ袋に放り込んでた種を救助してきて早速取りかかったのだった。
根が生えて芽が出るまでは、最短で1ヶ月、最長で3ヶ月程度かかるらしい。
ま、気長に頑張ってくれ。
水替えだけはこまめにな☆

2006年06月27日

#167 ある意味、自然がいっぱい

2日乗ってなかったスクーターに、クモが扇形に巣をかけていた。
乗るのに邪魔なんで払い落としたが、ふと横に止めてある母のスクーターを見ると、そちらには立派な円形の巣が。荷台にカゴがある分、高さと広さが確保できたからの大型作品らしい。
そっちは母がどーにかするだろうと思い、そのまま放ったらかして出勤。帰宅した時に確認するの忘れたけど、多分払い落としてるだろう。
今度は壊されない所にどんどん作って、たっくさん蚊や小バエみたいな害虫を食べてちょうだいな。

ダニ対策には、とりあえずペパーミントの苗を買ってきて、あちこちに千切ってばらまいておいた。
同時に水栽培も開始。地植えすると蔓延りすぎるので、水栽培のみで増やしていく予定をしている。
こっちもビシバシ増えて、衣類ケースやヌイグルミや布団の虫除けに遠慮無く使えるくらいの量になるのを期待してるよ。

トノサマガエルは、同じ市内に住んでいる上司によると、やはり近辺では見かけない模様。アマガエルとウシガエルは近所に居るそうだ。
トノサマは地域によっては絶滅危惧種指定されているほど減っているみたいだから、友人の住んでるような、もっと自然の豊かな土地じゃないと生息してないのかもなあ。

2006年06月26日

#166 ヤな事は重なる

1.鞄に穴が開いた
春に鎌倉まで行って購入してきた、憧れの皮の鞄。朝ふと見たら、糸がほつれて底辺部に3cmくらいの穴が開いていた。
どうも縫製自体が甘かったようで、縫い合わせてある皮の片方に全く糸が通っていない。
帰宅後早速お店にメール出したけど、どういう対応してくれるか不安だなあ。
楽天店での購入者レビュー見た所では、誠意を持って対応してくれるみたいだけど。

2.ヤな仕事のメンバーに入った
慣れない場所で缶詰にされる仕事で、しかも連泊必須なんで絶対やりたくなかったんだけど、人手が足りず駆り出される事に。
オマケにその日は、ネットの光回線工事に入ってもらう予定だったのだ。
私が立ち会わんことには、話にならんのよね。(親はパソコン関係にかなり疎いんで任せられない)
ああ、これでまた工事が遠のくのか……。orz

3.痒い!
パプキンのケースから、ダニが発生したらしい。orz
でなきゃ仕事で毎日触っている数十年前の古〜い品々に潜んでたダニを連れて帰ってしまったかだが、どのみち痒いのには変わりない(T-T#)
ああもう、ほんと痒いよ!!
とただ嘆いていてもしょうがないんで、ネット検索して評判の良かった「御用ダニ!」という商品をAmazonで注文。一日でも早く届いてくれる事を祈る(泣)
取り敢えずの対策としては、虫が嫌うらしいミントオイルをそこら中にスプレーしまくって、念を入れてミントオイルを入れた風呂に入って凌ぐしかなさそう。
それと明日の帰りにホームセンター寄って、ミントの鉢植えを多めに買ってこよう……。

にしてもAmazonて何でも売ってるんだねえ。
しかも楽天のショップより、安く買えたのには驚いた。
さすが最大のネットショップだけあるわ。
とダニ取り用品なんかで感心するよーな状況には陥りたくなかったよ(号泣)
posted by しろー at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泣:なきごと

2006年06月25日

#165 良い痒み止め発見♪

母が前に北海道旅行土産に買ってきた、ペパーミントオイル。
「肩凝りに効くらしいよ」と言ってくれたんだが、「虫刺されの薬って大概ス〜ッとするのが多いよな。試しにつけてみたろ」と蚊に刺されて真っ赤に腫れた箇所に塗ってみたら、即座にピタッと痒みが止まった。
信じられないくらいの即効性!
でも、ホントに全く痒くないんである。
あまりに劇的な効果に感動し、ネットでミントの効用を調べてみたら、痒み止め(炎症を緩和する)以外に虫除けとしても抜群の効果を発揮するらしい。

と言う事はだ。
屋久島に行く時にはミントオイルを大量に持ってけば、ひとまずは安心って事だよな?
服に染み込ませて虫除けに、それでも刺された場合は痒み止めとして使う。
バッチリじゃないか♪
幸い来月母がまた北海道に遊びに行くので、屋久島行きを承諾する代わりに大量に買ってくるよう指令出しといたよ。
(そう、屋久島旅行を言い出したのは母なのだ。所で父は一緒に行くんだろうか?)

ちなみに母お薦めの肩凝り解消には、あまり効果がなかったように思う。
塗ってからしばらくはス〜ッとして気持ち良いんだけど、根本的な解決にはなってないんだよね多分。
それでも長年の悩みだった「痒み止め」になるって分かったんだから、それだけでも私には大収穫だ。
いっそ部屋にもミントの鉢植え置こうかな?

2006年06月24日

#164 良い蚊除けグッズは無いものか

暑くなってくると毎日のように悩まされるのが、蚊対策。
体温が高いせいか、すっごい蚊に好かれるんだよね。
蚊に刺されやすく、その上数日痒みと腫れが続くのに、痒み止めはほとんど効かない体質という三重苦。
だから昔から蚊は大っ嫌いなんだ(#T-T)q

なのに夏期休暇を利用して、屋久島へ行こうと誘われている。
世界遺産で自然の宝庫の屋久島は、当然蚊も多いと聞いている。
夏に(海関係のレジャーじゃなく)南に行こうという発想が出るのも凄いと思うが、私には暑さより蚊対策の方が真剣に悩みの種になりそうだ。
とりあえず蚊除けスプレーと、蚊除けブレスレットと、電池式蚊取り線香は必須だな。
蚊除け効果のある服も出ていると聞くが、それも買った方が良いかも知れん。
行くことになったらだけどさ〜。

あと自宅用になんだけど、切実に蚊帳が欲しい。
夜中に蚊の羽音で起こされるほど、不愉快な事って無いもん。
最近じゃベッド用に天井から吊り下げる、一見天蓋に見えるような蚊帳(モスキートネットと言うらしいが)も出ているそうだ。
エアコンの風対策にもなるようだし、買ってみようかな。

2006年06月23日

#163 教えてもらえる幸せ

自分が何をやりたいのか、やった方が良いのか、やるべきなのか。
それらが分からなくて漠然とした焦りや不安を抱えている時に、助言をくれる人が身近にいる幸せってあるよね。

今日も、自分が身につけたいと思っている能力を磨くために良い本を教えてもらった。
あとはその本を探して、少しずつでも読み続けるだけ。
早いうちに探し出さなきゃ。(ネット通販で買えれば良いけど、無ければ古本屋巡り覚悟だな……)

今の自分には、昔から興味を持って大学でも専攻していた分野について、色々と助言を与えてくれる人がいる。
少なくともその分だけは、数ヶ月前よりは確実に幸せになっているのだ。
今後生きていく上で必要な知識だったり能力だったりするかは分からないけど、せめて幸せの続いている間は、有り難くその幸せを甘受させてもらおう。
posted by しろー at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 究:かんがえる・まなぶ

2006年06月22日

#162 Podcastは便利だ

毎日(といっても平日のみだけど)利用している番組は、「聴く日経」のみ。
朝起きたらすぐにパソコンを立ち上げて、ご飯食べてる間にダウンロードしといて、MP3プレーヤーにデータ移動させてる時間に着替えるのが、先月から平日朝の日課になっている。
そして通勤電車の中で聴くのだ。

「聴く日経」は30分で、通勤時間に比すとちょっと物足りない長さ。
新商品紹介コーナーは興味が無ければ早送りしてしまうので、出来ればもう1番組くらい、面白いのがあれば良いんだけど。
でもうちは回線が重いんで、ダウンロードに時間がかかりすぎるのがネックになって、あんまり熱心には探してないんだよね。
まあ来月中旬には光回線導入予定なんで、本腰入れてお役立ち番組探すのはそれからにしよう。

2006年06月21日

#161 100万人のキャンドルナイト

本日は夏至。
夏至は冬至のようにカボチャ食べるとかゆず湯に入るとか、そういう特別な習慣は無いんだね。
とふと思ったんで、キャンドルナイトに参加してみたのだ。

image/kyu-shiroh-2006-06-22T00:52:22-1.jpg
友人に(ほぼ一年前に)貰ったキャンドル。
これ以外全く灯りを点けずに暗くしてたから、すぐ寝ちゃったけどさ(^_^;)

世間様ではどうだったんだろう。
癒やしブームも一段落ついたらしい今日この頃、やった人は意外に少なかったかもな。
自分的にはキャンドルの使い道が見つかってメデタシ×2な気分で良かったんだが(笑)
posted by しろー at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

2006年06月20日

#160 暑くなって来たなあ

日も長くなってきた、と思ったら、明日はもう夏至なのか。
つー事は、明後日からはどんどん昼が短くなっていく一方なんだよな〜。

季節の巡りは早い。
一年も早い。
でも一週間は、というか次の休日までは長いと感じる。
気がつけば一ヶ月なんてあっと言う間に終わってるのにね(苦笑)
人間の感覚って不思議だ。

この調子で生きてたら、死ぬ頃には「全然時間が足りなかった!」と思うんだろうか。
それとも「無駄にダラダラ過ごしただけの人生だった」と悔いるのか。
でなけりゃ「なるようにしかならんかったな」と達観してるかも知れない。
あまり負の感想で終わりたくはないな。

そのためには何をしたら、少しはマシになるのかね。
そうは思っても、また何もせずに今日を終えてしまった私である。
posted by しろー at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 究:かんがえる・まなぶ

2006年06月19日

#159 パプキンつれづれ6

昨日「ちっこい」と書いたばっかりなのに。
今日帰宅後見かけた幼虫は、既に優に体長1cmを超えていた(爆)
昨日までに見かけた2匹とは別のやつなのか、どっちかが移動してきたやつなのかは分からないけど、どっちにしろかなりのペースで成長しているのは間違いなさそう。
一般的に幼虫期間は半年程度らしいが、この分じゃ最短ペースの3ヶ月で成虫になるんじゃなかろうか?

それならそれで構わんのだけどねぇ。
早く成虫になると小さめサイズになるそうだが、パプキンはサイズを競うクワガタじゃなく色を楽しむ種類だし。
パープルかレッドの♀と、金色の♂が生まれたらそれで私は万々歳だよ。

ともあれ、無事に成長しておくれ。
楽しみにしてるからさ〜。
posted by しろー at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

2006年06月18日

#158 パプキンつれづれ5

ようやく幼虫はっけ〜ん!
一昨日、産卵セット用ケース側面でウゴウゴしてるのを1匹見つけた。
今日は反対側にもう1匹。
親が親だけに、幼虫もやっぱりちっさい(笑)
ニョロニョロ系は苦手なのだけれど、生まれて欲しいと願ってたのが叶ったから、彼らに関しては素直に嬉しいよ♪

うちでは産卵セットに、中ケースと呼ばれる4.5リットルサイズのケースを使っている。
このケースはパプキン用としてはかなり大きめになるそうなので、現時点で2匹見かけたのなら、土の中にはもう少し生まれてると思って良いんじゃないかな。
まあその全部が無事成長できるかは分からないし、ズボラな私が(いくら基本は放ったらかしで良いとはいえ)何かやらかす可能性もあるし、最終的に何匹成虫まで行くかは分からないけど。
でも今は「バンザイ!」と叫んでおこう。

余談。
アホ呼ばわりされるのを覚悟(期待?)して母に「幼虫が生まれました!」と報告したところ、真顔で「ほな誕生祝いせな」と返されて爆笑した。
ウケを取るのは、母の方が数倍上手だったよ(笑)
posted by しろー at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

2006年06月17日

#157 美味かった

朝からサントリーミュージアムへシャガール展を観に行き、昼からは買い物を済ませ、その後は友人と合流してお気に入りの地鶏炭火焼き専門店で夕食。
アルコール類は余り飲まない人間なのだけれど、最近日本酒にちょっと興味を持っているのと、一緒に行った友人がいつも本当に美味しそうに飲むのでそれに憧れて、今日は挑戦してみた。

頼んだのは、山口のだったかな、「東洋美人」という辛口に入るらしい日本酒。
フルーティーな香りがして、癖はあるんだけれどもとっても飲みやすいお酒で、スルッと飲めてしまった。
友人が頼んだ銘柄は……忘れちゃったよ(汗)
こちらは更に癖があり、香りも「ああ、お酒だね」って感じのするものだったけど、焼き鳥とか唐揚げとかジュンサイとか、とにかく酒の肴系の食べ物に非常に良く合うお酒で、これも美味しかった。
んで最初の予定では一人一合ずつで止めるつもりだったのだけれど、まだ料理が残ってるってんで、二人で半分こする事にしてもう一合、今度は友人のお気に入りの「八海山」というお酒を頼む。
このお酒は癖がほとんど感じられず、これもスルッと美味しく飲めてしまった。

私が日本酒を一合半も飲むこと自体珍しいが、3種類も飲み比べしたのはもっと珍しい。
でもそのおかげで、ようやく日本酒には色々な味がある事を実感できたように思う。
また行きたいねぇ。
と思えるようになったのは、良いことなのか悪いことなのか(苦笑)
取り敢えず人生を楽しむネタは確実に増えたわな、うん。
posted by しろー at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

2006年06月16日

#156 田んぼと夕焼け空

夕焼けが綺麗だった。
それが田んぼの水面に映ると、もっと綺麗だった。
田んぼと夕焼け空
posted by しろー at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

2006年06月15日

#155 ギリギリ遅刻せず

JRから地下鉄に切り替えて、何とか間に合ったよ。
普段から始業の15〜20分前には着くように心がけており、その分時間に余裕があったために助かった形。
あと乗り継ぎが奇跡としか思えんくらい良かったのも勝因のひとつ。
でもJRを諦めようと思うのがもう少し遅れてたら、絶対遅刻したね。

人生に躓いた時も、こういう風に上手く行けば良いんだけど。
でもこればっかりは、“乗り切ってから”じゃないと分からないもんなんだよな。
しかも今の自分は、躓いてんだか、停滞してんだか、回り道してんだか、順調に経験値を稼いでる途中なんだか、それすら見えていない状況だ。

多少なりとも前には進んでると思いたいけれど、だからといってそれが“これからの為”になってるのか。
疑問を抱えたまま、ただ漠然と過ごしている感のあるここ数年なんである。
posted by しろー at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泣:なきごと

#154 電車が止まってるよう

慌てて別経路に切り替えた。
けど、止まってる電鉄の遅延証明を、実際は利用してないから貰えていない。

このままじゃ数分とはいえ確実に遅刻するんだが、会社は認めてくれるんだろうか?
何かと理由つけては給料減らしたがってるだけに、疑心暗鬼に駆られるよ(-"-;)
posted by しろー at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泣:なきごと

2006年06月14日

#153 スナフキン出た♪

グリコのお菓子のオマケで(笑)
タオルコースターなんて実用性はほとんど無いけど、それでもスナフキン柄は欲しかったんだい。

スナフキン柄は保存するとして、ムーミン&スノークのお嬢さん柄のは本来の用途に使おうかな。
別に全絵柄をコレクションする気はないからね。

2006年06月13日

#152 梅雨入りした気がしない

近畿では梅雨入り宣言後、まとまった雨が降った日が無いからだろうか。
5月は結構降ってたのにね。

唯一季節を感じさせるのは、ここ数日、毎夜聞こえてくるようになったカエルの大合唱。
田植え準備のために田んぼに水が入り始めた頃から、日が落ちてしばらくすると聞こえてくるのだ。
私の住んでいるあたりは一カ所に住宅が集中しており、その周囲に田んぼや畑や水路が広がっているので、カエルが生息するには良い環境なんだと思う。

でも去年くらいから、ウシガエルの声は聞こえなくなった。
思い当たる原因としては、近年土地整備があって、ちょっとばかり環境が変わった事。
そのせいで居なくなっちゃったのだろうか?

ウシガエルは、大正時代に海外から食用として輸入されたんだとか。
だからあの「ボ〜ッ、ボ〜ッ」という空き瓶の口に息を吹きかけたような低音の鳴き声が初夏の風物詩になってから、まだ100年も経っていないって事になるんだろうけど。
でも私にとっては生まれた時から馴染みのあった声だから、聞こえてこないとちょっと寂しい気がするよ。

そういやトノサマガエルに至っては、小学生の時に見かけて以来、一度も近所で見たことがないんだけど、この辺にはまだ生息してるのかなあ。
そもそもトノサマガエルがどういう所に住んでるのか知らんので、探しようもないや(苦笑)

2006年06月12日

#151 漫画つれづれ1

高校生〜大学生にかけて好きだった少年漫画家・にわのまこと氏。
少年週刊誌での連載が打ち切りで終了した後は、ほそぼそと(エロ系含め)コミックスが出ていたのだけは知っていたのだけれど。
まさか原作が海外ファンタジー小説で、しかも来年アニメ化が予定されているっつー、かなり鳴り物入りな漫画を描いていたとは知らなんだ。
今月コミックスが1〜2巻まとめて出るようだし、買ってみようか。
あ〜でもやっぱり一応立ち読みして中身確かめてからにしよ。極端に絵が変わってたらヤだもんね(^_^;)

ちなみに作者さんのブログ→ 【まこりんGYM】
ここでも触れられている『デルトラクエスト』ってのが、連載中の漫画。
原作者エミリー・ロッダの名前も、もうひとつの推理作家としての名前ジェニファー・ロウも聞いたことがあるんだけども、原書読んでみようかなあ。
posted by しろー at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。