2006年08月13日

#216 今日もたくさん蚊に刺された

それが嫌で、あっついの我慢してわざと日中に色々済ませたのになあ(-_-#)
ど〜せ挿されるんだったらものすごく早起きして、明け方の涼しい時間帯に作業した方が良かったか?orz

今日済ませたのは、パプ♂オレンジの火葬&カビさせたパプキン産卵セット第2弾の焼却処分と、ローズマリーの鉢植え作業。
パプ♂の遺骸は1週間経っても何の変化も無かったよ……。(さすが甲虫)
産卵セットは水気の加減が悪かったようで、産卵木がカビる・マットは黒くなったり白くなったりとにかく変な色に変わってる・幼虫の姿も一度も見かけず終いと、失敗したとしか思えない状態だったため、捨てることに決めてたのだ。
それでも生き残った卵が万一あったら、普通にそこらに捨てると成虫になってしまう可能性もあり、そうなると外国産ナマモノを日本の生態系に放してしまう結果になるので、念のため焼却する事に。
マットは元々は木屑だけど燃えやすいよう天日で乾かして湿気を飛ばしてから……と思って新聞紙にぶちまけた。ら。
幼虫居たよ……!(生まれて数日っぽいのと、ちょっと大きくなったのとの計2匹)
慌てて回収して無事そうなマットと一緒に入れ直しといたけど、「こんな条件の悪いマット(カビてるのに一部は乾きすぎてる)で孵って育ってるなんて!」とかなりビックリした。
もしかしたらまだ居たかもしれないけど発見できず、残りのマットは予定通りパプ♂と一緒に燃やしたよ。
育つはずの命を消しちゃったかも知れないけど、生態系破壊はしたくなかったんだ。ゴメンね……。

あと上記に加えて、水路に産み付けられてたジャンボタニシの卵の駆除もした。
何年か前からちょっと車で走ったトコでは見かけてたんだが、ついにウチのごく近所の水路にまで、やつらのどぎついピンクの卵塊が産み付けられてしまってたのだ。
こっちはこっちでショックだったよ。
ジャンボタニシは外来産ナマモノで、稲に害をなし、日本固有のナマモノの生態系を脅かしている。
ただでさえ少なくなってる水田(稲栽培)と自然を、壊す存在なのだ。
そして繁殖力ももの凄く、少しでも防ぐには、卵を発見次第地道に駆除するしかないんだよね。
だから今日は気がついた私が駆除したのさ。
次からは父に言っておこう。

まあそんなこんなで、今日は暑くて痒い一日だったよ。
疲れたぁ。
posted by しろー at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | キュウ。:そのた

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。