2006年09月03日

#235 ローズマリーを適当に植えた

こないだまで青々と紫蘇が繁っていた柿の木の下に、ローズマリーの苗を植えた。
土の手入れも何もしてない場所だが、野菜くずを捨てる所なので雑草が蔓延りまくっている、栄養だけは豊富そうな場所だ。
もっともローズマリーは乾燥気味で水はけの良い痩せた土を好むそうだから、近くに水路があって常に土の湿っている(おそらく栄養豊富な)この場所では、上手く育たないかも。
しかも虫食いで丸裸にされた紫蘇の1m近く育った茎が陽射しをかなり遮断しており、日光が好きなローズマリーにはさらにハンデを負わせる場所に違いない。
でもまあ何事も実験と思って、長い目で見守っていくつもり。
条件悪かろうと“地植え”には違いないんだし、その点だけは鉢植えよりは条件良いわけだし、何とかなるだろ(笑)

ってことで、これもかなり前に購入して冷蔵庫突っ込んだままにしていた、品種不明のローズマリーの種もその近辺にめっちゃ適当にばらまく。(覆土すらしない)
ローズマリーの種ってのは発芽率が相当悪いそうで、大事に大事にマニュアル通り育てても10%発芽するかしないか。その上成長もか〜な〜り遅いんだそうだ。(だから苗から育てるか、挿し木で増やすのが簡単で賢いやり方なんだって)
だったら毎日ちゃんと管理してやれるか不安に苛まれながら手元で育てるより、「大自然に育まれて来〜い!」と地面に播いて放任主義に走った方が気楽。
気がついたら雑草駆逐して柿の木の下が全てローズマリーで埋まってた、なんてなったら嬉しいしね。
ただひとつ心配っつーか疑問なのは、この品種不明の種が果たして立性なのか半匍匐性なのか匍匐性なのか、それすら分からん事である。
立性だったら大して広がんないだろうけど、ほふく性だったらかなりの面積占領しそうでちょっと怖い。
まあ他人様の土地に侵入する前に土ん中に境界になるようなもん差し込めばいいだけで、何より大体発芽するかどうかも分からんうちから心配する事ではないがな。あはは。(^_^;)

暑い最中作業してても別に苦にはならなかったが、ただひとつ嫌だったのは、苗を植える場所の土を鋤でひっくり返していたら(田舎だから鍬も鋤もあるんだよ〜)、ヤブ蚊に刺されまくって散々な目にあった事。
昨日も血は吸われなかったのに刺されるだけ刺されたのが7カ所もあって、それと足したら20カ所超えたよorz
ローズマリーは虫除け効果があるそうだから、是非とも巨大に育って奴らを追い出してもらいたいもんである。

あとついでにミントとレモンバームの種を、卵パックに小さい穴を開け土を入れた容器に播いた。
100均で2袋100円で買った種なんで、どんくらい育つかこっちも疑問。
ミントはともかく、レモンバームはバジルと一緒にティーにすると美味しいって聞いたから、是非成功して欲しいんだがな。
バジルは咳止め効果を期待して自分用のお茶に混ぜているんだけど、独特の臭みが(好きだが茶として飲むには)ちょっと気になって。
でもこないだオレンジピールの入った焼き菓子食べる時に飲んだらほとんど臭みが気にならなかったから、たぶんレモンバームでも同じような効果が得られるんじゃないかと期待してるのだ。

ともあれ基本“放任主義”でかまってあげるつもりは無いけども、めげずに無事に元気に育ってちょーだい、皆の衆!
posted by しろー at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。