2006年09月08日

#240 ちゃんと読めてた

「大方は」であるけども、ちゃんと『ハウル』英語版を読解できていたようだ。
読めた所までを、おおっぴらに座り読みが出来る書店として有名なジュンク堂(何せ椅子が用意されている位なのだ)で日本語版をざっと流し読みしてきたら、ほぼ完璧に意味が取れていた。
勿論分からんトコもあったし、「あれ、そうなるの?」って箇所もいくつかあったんだが、予想以上に意味が取れてて、ホッとするやら嬉しいやら。
児童書の英語とはいえ、数年前の自分には想像出来んほどちゃんと読めてるんだもんな。
お話も面白いし、老女ソフィーのパワフルな性格も大好きだし、ハウルの子供っぽくて“天然たらし”な部分に「あ〜、こりゃもてて当然だわな」と(ある意味)感心はするし、どんどん先が読み進めたくなる本に出会えて良かったなって思うよ。

ただこれのジブリ映画は後半のストーリーが大幅に変更されてるそうなんで、見るかどうか迷い始めてきたのが唯一の悩み?
金髪ハウルは割と好みだし、ソフィーも(老女・少女とも)可愛いな〜と思ってるので、以前はすっごく観たかったんだけどさ。

ま、決めるのは全部読み終えてからだな。
残りは半分、頑張って読むぞ〜。
posted by しろー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。