2006年01月27日

#13 良策、求む

疲れて帰宅する時、座れると嬉しい。私は帰りは始発駅から乗るので、座るためにわざと一本遅らせることもある。
しかし前に立つ人のマナーが悪いと、ゆっくり眠れずイライラが募るばかりで逆に疲れる事も多い。
そして私は、何故かそういう人に前に立たれる確立が高いような気がする。どんなに空いている車内でも、真っ先に前に人が立つのだ。
そして十中八九はオジサンで、当然遭遇するマナーが悪い人もほとんどがオジサンなんである。

新聞を広げて読んでいるオジサン。(ここまでは別に構わない)
しかし周りを全く気にしないオジサンは紙面をひっくり返す際にバサッと勢いよくやる事が多く、それが頭にぶつかって、ビックリして目を覚ます羽目になる。
でもぶつけた本人は紙面で座ってる人間は見えないから、まったく気付かない。嫌なパターンの一つだ。

今のような寒い時期に多いのが、ロングコートが顔にぶつかるパターン。
それほど混雑していないのに前に来すぎる(座席に接近しすぎる)ため、ちょっと電車が揺れると前に立っている人のコートも揺れて、座っている私の顔に当たるのだ。
この場合も、ぶつけてる人は気付かない。だって服には神経通ってないからね。ぶつかったって分からないもの。

でも何より嫌なのは、ひっきりなしに口を動かしてクチャクチャ・チッチッと音を立てられる事。
ガムを音を立てて噛んだり、口を開けて食べたりされるのも嫌だ。野球選手に良くいるが、遠目で見るのも嫌なのに、アップでは絶対見たくない。(だからメジャーリーグは見ない。見られない。精神衛生上耐えられない。日本の野球は別の意味で耐えられないが)
ともかく、咀嚼音や舌鼓といった類は、生理的に受け付けないのだ。

対策として車内アナウンスが聞こえる程度の遮音性能の密閉型イヤホンを使用してはいるが、盛大にグチャグチャやられると、これでは完全には防げない。
音楽を聴いていたって、メロディの合間に耳に飛び込んできて不快になる。
となると耳栓が一番良いのだが、車内放送を聞き逃してしまうかも知れないから、そういう意味で使えない。

気にしないでおこうと思っても、嫌な音ほど気になるという悪循環。
しかも音は防ぎようがない。
目を閉じたって、音は聞こえてくるんだから。

本当に、何か良い対策は無いものか?(涙)
この記事へのコメント
そういえば前にお茶漬けのCMの咀嚼音が耐えられないって言ってたね。電車通勤も、受難なんだなあ・・・!
Posted by いまり at 2006年01月28日 15:07
うん、どーしてもダメ。
受け付けなさ過ぎて、最近は音を立てずにガムを噛んでる人を見ても「う〜っ……」ってなってくるくらい悪化しました。
ここまでくると本気でもうダメだって思いますよ、自分でも(涙)
Posted by しろー at 2006年01月29日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。