2006年05月23日

#130 目からウロコ

今ある物を使うって発想は大事だね。
おかげで「自室の2〜3畳分の床を何かで底上げして、すのこか板か畳を敷く。上はリラックススペースに、下は収納スペースにする」っつー計画が、思ったより低予算で実現できそうだ。

私の部屋は、盆地の底冷えの影響をモロに受けてか、冬場は床からの冷えが耐え難い。(反対に夏場は夜は結構涼しいので助かってるが)
ドアが内開きなのと、子供の頃に親が「長く使えるように」と買ってくれた木製机を捨てる気になれないのと、全く使ってないとはいえねだりにねだって買ってもらったエレクトーンを処分するのは気が引けるため、模様替えしようにもいつも家具配置に困って、スペースが有効に使えていない。
よって収納スペースも上手に確保できておらず、場所はあるんだけど使いにくい状態になり、結果床や机の上に物が散乱する始末。
なので床からの冷え軽減と、普段使わないがたまに取り出したい物を収納するスペースの確保を最優先に考えてみた結果、出たのが「床の底上げ」案。

けど市販の収納付畳とかすのこベッドは高い上、サイズが決まってるからスペースに合わせにくい。
となると自作、いわゆる“DIY”せねばならんのかな〜と半ば諦めつつネットで調べていたら、カラーボックスと板で簡易ベッドを作成した人の話が見つかった。
ここで、目からウロコ。

私の部屋には、カラーボックスがいくつも転がっている。
3段タイプのはロフトベッドの下に並べて収納にしているし、本棚代わりにも6段のをふたつ使っている。だから少なくとも、合計で6コはあるんじゃないかな。
これらを収納面を天上に向けて床に置いて、その上に板かすのこを敷けば、憧れの底上げ床が出来るんじゃないだろうか?
強度の問題があるから、所々に補強用のブロックか何か置かないとダメだとは思うけど。
それでもかなり安く上がると思うし、何より好きにレイアウト出来そうな気がする。
ちょっと考えてみよう。

にしても、ほんとに“目からウロコ”だった。
発想の転換って大事だね。
posted by しろー at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 究:かんがえる・まなぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18279216
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。