2006年12月15日

#338 やっぱ間違ってる

都内一等地に建つ議員宿舎の家賃、相場の10分の1に決まったそうだ。
宿舎は国有地にあるから民間の相場は適用されないってのが国の言い分だが、それこそ“採れるとこ”から採りゃいいじゃないの。

生活に困窮している低所得層への扶助打ち切りは、アッサリ決めた。
なのに本来ならば月額賃貸料が40万円以上もする高級“国営”住宅家賃の9割を“国税”で負担するなんざ、「国民」は到底納得出来んぞ。

こういった“国営”の“公僕用”宿舎は、本来の供与目的である生活根拠地(本宅)としてではなく、別宅や書斎としての利用がかなり多いと聞く。
んな施設に、国庫から毎月巨額の税金を投入し続ける。
しかし本当に支援を必要とする「国民」への、月額たった数万円の扶助は打ち切り。

納得出来ん。
国の基礎を支える「国民」を差し置いて、公僕たる「議員」を優遇する必要がどこにある?
絶対政策間違ってるわ(-"-#)
posted by しろー at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糺:といかける・ただす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。