2007年05月13日

#488 五月の音

と言われたら、何を思い出すだろうか。
何も思いつかない人は、季節を感じられない所に住んでいるという事になるのかな。

私の場合、もしも違う月(季節)に質問されたら、咄嗟には何も浮かばない気がする。
でも五月の真っ只中である今ならば、即座に「燕の子の声」と答えよう。
親に餌をねだる、あの鳴き声だ。

親が巣に降り立つ度、ピーピーと我先に鳴き出すヒナたち。
孵ってから数日はか細かった声も、禿げちゃびんの頭にふわふわの毛が生えてきた今では、随分と大きくなった。
5〜6羽が一斉に鳴き出すと、それはもう賑やかである。
(賑やかを通り越すこともしばしば)

いつまでこの“音”を聞けるのかは分からないけれど。
1羽でも多くのヒナが、無事巣立てますように。
posted by しろー at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。