2007年06月28日

#534 熟成は必要

“ダメ出し”をするなら、理性が必要。
熟成はもっと必要。
感情を抑えきれない間は、じっと黙っているが良い。

厳重に事前確認をし、念を入れた仕事上での締切を、反故にされた。
前科のある相手だったから、有る程度は破られる(遅れる)だろうと、最初から覚悟はしていた。
しかし結果は、私の想定を遥かに超えた。

詫びを入れてきた相手に、理性を取り戻す前に書いた返信メールは、詰問口調。
少なくとも、相手に罪悪感を抱かせる事は出来るだろう。
しかし私(我が社)が本当に相手に望んでいることは、伝わらない。
伝えていない。

しばらくして、頭に上った血をほぼ鎮めてから出したメール。
要望を伝えている。
指示を出している。
非が相手と私どちらにあるのか、冷静に指摘している。

前のメールは、互いの感情にしこりを残しただけ。
不要だった。
後から出したメールだけで、十分だったのだ。
「余計なことをした」
それが今の正直な気持ち。

感情の、理性の熟成。
今回の失敗を教訓に、心がけていこう。
posted by しろー at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 究:かんがえる・まなぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/46163489
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。