2007年07月08日

#543 昨晩は晴れたね

雨が降ろうと槍が降ろうと織姫と彦星は“雲の上の人”だから、どのみち逢瀬に影響はないんだけどさ。
人情としては「晴れて良かったね」となるわな。(笑)

昨日は歌舞伎の夜の部を見にいってきた。
やはり仁左衛門は良い。
“孝夫”と名乗ってた頃からのファンなのだが、近年ますます演技に渋みと重みが増し、もう「男前」としか言いようが無い!
……はずなのに。
昨日演じたのは、『身替座禅』の右京。
狂言の演目を歌舞伎に取り入れたものだけあって、ハナから終わりまで笑いっぱなしのお話なのだ。
極度の恐妻家、だけど浮気性の右京役。
これを仁左衛門が演じると、男前で品があるのに、お調子者で小心者でホントに奥さんを怖がっているのが見て取れる、愛敬のある「しょーがない男」になっていて。
ただひたすら笑って笑って、楽しかった。

おかげで昼の部の、「格好良い仁左衛門」に会いたくなってきたよ。
昼夜通しで見た友人が「さすが仁左衛門。貫禄だったよ。」と太鼓判を押した、『義経千本桜 渡海屋』の知盛。
秀太郎の女形も好きだし、今回でちょっと贔屓になった歌六が弁慶だし。
う〜む、見たい。
ギャップが見たい。(笑)
目当ての二等席は売り切れてしまったようなので、幕見頼みで行ってこようかな……。
posted by しろー at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。