2007年07月15日

#550 のんびりした一日

図書館行って、ばーちゃんの顔見てきて、それで終わり。
他の時間は寝てるかポケモンしてるか。
ずっと起きてる根性(体力)はなかったんだなあ。
つーよりか、明日のために温存したってのが正しいが。(笑)
明日は友と気合い入れて、仁左衛門主演『女殺し油地獄』の幕見チケット取り行ってくるさ!

それともし取れたら『鳴神』も一緒に見てくるつもり。
孝太郎も結構贔屓にしてるので、折角の機会だから見ておきたいのだ。
昨日の売り切れ順と同じなら、『油地獄』が取れる順番なら『鳴神』も大丈夫だと思うんだけどなあ。
しかし代役の立った演目から売れてるのは、怪我した役者さん(海老蔵)には悪いけど、ちょっと笑えてしまった。
海老蔵ファンの残念がってらした声も、聞こえてはいたんだけどさ。

ポケモンといえば、あれからハワイ、バルバドス、南アフリカと交換成立。
バルバドスなんて場所があるなんて、ポケモンやらなきゃ一生知らなかったんじゃなかろーか?(^_^;)
今春発売の北米版に続き、こないだ欧州版が出たそうで、近いうちにイタリアやらフランスやらとも交換出来るかも、と思うとちょっとワクワクする。
(欧州諸国のうち、イギリス、アイルランド、ドイツ、デンマーク、オランダ、スウェーデンとは既に成立。北米版で遊んでる人が居たんだろう)

あと思いがけず、こっちの出したポケモンで、レベル100の色違いが貰えたのにはかなり驚いた。
一瞬「改造で出したヤツか!?」と疑ったものの(既に2度掴まされた)、そのポケモンの情報を確認したら、捕まえた場所も掴まったレベルも正規ルートでゲームを進めた時のもの。
ということは正真正銘の、レベル47から頑張って最高レベルまで育てた、貴重な色違い。
パルキア(そのポケモンの名前)は1ゲームにつき1匹しかゲット出来ないポケモンなだけに、嬉しいんだけれどかなり申し訳ない気分にもなった。
だってこっちが出したの、何度でも捕まえられるヤツだったから。(爆)
確かにゲームをかなり進めた後じゃないと出てこない、人気のあるポケモンではあるんだけどさ。
改造掴まされたのなら腹は立つけど、「ま、しゃーないわ。そんなプレイヤーもおるやろ。」で終われる。
それが本物の超貴重ポケモン貰っちゃったら逆に気を遣ってしまい、単純に「ラッキー♪」とは思いにくいよ。(苦笑)
posted by しろー at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。