2007年08月07日

#573 「つもり」は「つもり」

何でもかんでも欲しい、というタイプではないつもり。
「可愛い!」
「あんなのあったら良いだろうな」
「えっ、安〜い!」
とは思っても、そこから購入するまでの盛り上がりというか、情熱がない。

その代わり、一旦「欲しい」と思うとしつこいのが私。
何年かかっても気に入る物を探す。
似たようなものじゃ満足できない。
予算より安くたって駄目。
気に入らないならば、手に入れる価値は私にとっては“無”に等しいのだ。
そうやって粘って粘ってやっと見つけた小銭入れは、(多分スリに遭って)無くしてしまい。
この時だけはあまりのショックに、投げ売りされてた薄型財布で妥協したよ。
使い勝手は良いのがせめてもの救いだ。

ただしいくら希望に叶う物でも、高すぎるのもダメ。
貧乏性が祟って、日常で使えなくなるから。(笑)
ほぼ日タオルくらいじゃないかなあ、相場より高くても毎日のように使ってるものって。
あとは自分にしてはかなり思い切って購入した、革製の鞄
でもこちらは一度しまってからは、使ってない。
夏場は肩ひもが暑いというのもある。
涼しくなった頃に引っ張り出そう。

とまあ自分では、よほどのことがない限り散財しないタイプのつもりなのだけれど。
毎月の支出額はいくら携帯代や昼食代込とはいえ、己の安月給から見れば結構な額になっている。
パラサイト生活でこれだと、今の給料じゃ将来食っていけないのは明白。
そういう意味でも、色んな意味で“脱皮”を図らねばと思う。
思うだけは、毎日々々思っている、けれど。
それこそ「脱皮するつもり」のまま、ただ漠然と毎日を過ごしている。

以前友人達に宣言した3年計画、何一つ、おぼろげなビジョンすらも見えていない。
いい加減、「つもり」は止めないと。
そうは思うのだが……ね……。
進むための情熱を生み出せるだけの気力が欲しいよ……。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。