2007年08月09日

#575 原爆忌

今日は長崎に原爆が投下された日。

原爆の使用が日本の降伏を促し、戦争の早期終結に結びついたと、投下国のアメリカは言う。
しかし、広島の原爆はウラン。
長崎はプルトニウム。
種類が違うのは何故だ?
「実験だった」との指摘の声があるが、そちらの方がよほど説得力を持っている。

日本は戦争加害国だ。
それは紛れもない事実。
だがその事実が、非戦闘員である市民を大量虐殺し、半世紀以上経った今も健康被害をもたらしている兵器の使用を、正当化する理由にはならない。

綺麗事と言われても。
戦争が、核兵器が、武器が無い世界を望む。
posted by しろー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糺:といかける・ただす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。