2007年09月09日

#606 九月九日は重陽の節句

昔の人は、菊の香りを移したお酒(菊酒)を飲んで邪気を払い、長寿を祈願したそうだ。
また菊の葉を風呂に浮かべることもあったとのこと。
どちらも「リュウノウギク」という、日本古来の種を用いるらしい。
てことは、ウチの庭に植えてる観賞用のヤツじゃ駄目なんだろう。(苦笑)
第一旧暦換算すると、今年の重陽の節句は10月19日に当たる。
リュウノウギクの開花時期も丁度その頃だそうだし、せめて晩秋に咲く菊を使わねば、効能は見込めないような気がする。
※リュウノウギクは場所によっては絶滅危惧種(レッドデータブック)に指定されているので注意!

菊科の植物といえば、先月購入したローマンカモミールもそう。
肌のトラブルに効くハーブらしいので、出来れば旧暦の重陽の節句頃には風呂に使えるくらい繁ってくれないだろうか。
そしたら疑似菊風呂が楽しめるのだけれどな。(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。