2007年09月17日

#614 連休3日目

私にしては珍しく、お出かけ続きな連休の最終日。
本日最初の訪問地は大阪南港のWTCコスモタワー。
ここでは『マンモス展〜シベリア永久凍土の奇跡〜』を開催中で、目玉は「愛・地球博」で展示され長蛇の列を作って話題を呼んだ、冷凍マンモスの頭と脚。
歯の化石に触れたり、冷凍マンモスの説明が面白かったり(発見者が研究所まで犬ぞりで運ぶ最中、鼻は犬のお腹に消えただとか)、面白いことは面白かったが、ボリュームが今ひとつ。
タダ券で見たから良かったようなものの、あれで1200円は正直ぼったくりだと思う。(ちなみに東京では1500円。差額は土地代?)

お次は心斎橋大丸の『ベル・エポックの輝き展』。
ジュエリーやらガレの器やら19世紀後半〜20世紀初頭のきらびやかな作品が展示の中心で、なかなか良かったのだけれど、最終日で人が多くゆっくり見られなかったのが残念。

最後は難波高島屋の『堀文子展』。
全く知らない画家だったのだが、昨日の「日曜美術館」で特集されていて、その時紹介された蜘蛛の巣の技法が非常に面白くって。(絵の具をナイフで引っ掻き、その鋭い線で巣を表現している。)
俄然興味を持ってしまい、たまたま近くで買いたい物があったので、通りがけに観てきたのだ。
絵本に出てくるような色鮮やかな鳥たちが遊ぶ絵があるかと思えば、写実的な人物画、洋画と見紛う風景画に、微妙な色の変化が美しい植物画。
絵の具を削ったり、盛り上げたり、箔の切り貼りで描いてみたり。
日本画家とは思えぬ多彩な技法、多様な表現。
今日観た中では、随一の面白さだったよ。

買いたい物も揃い、今日はほぼ充実した一日を過ごせたんじゃないかな。
そのぶん疲れたので、今夜は早めに寝ることにしよう。
posted by しろー at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 休:やすむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。