2007年09月18日

#615 恐竜大好き

私が子供時代に齧り付いていた恐竜の本の情報と現在の情報には、随分と隔たりがあるのは分かっている。
昔覚えた恐竜が、今では「そんな恐竜は居なかった」というのが定説になっている場合があることも。
それでも“恐竜”と聞くと無条件でワクワクするのは、子供の頃から変わらない。
(私の爬虫類好きの原点かも知れない・笑)

大阪市立自然史博物館に、世界最大の翼竜がやってきている。
翼長が約10メートルもある、彼(彼女?)の名前は「ケツァルコアトルス」。
アステカの神様から名前をもらったのだろう。
ただケツァルコアトルは確かヘビだったはずだが、爬虫類繋がりって事でOKなのか?
と疑問に思って調べてみたところ、神様の名前は「羽毛ある蛇」が語源らしい。
てことは、まさに翼竜そのものじゃないか。
もしかするとアステカ王国の栄えていた時代に翼竜の化石が発見されていて、その化石を見た古代の人々が名前を付け、神と崇めたのかも、なんて想像も広がる。

幸い招待券が手に入ったことだし、張り切って観に行こうと思う。
やっぱり観に行こうと思って止めたぽーとめっせ名古屋の恐竜展の分も、楽しんでくるよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/55998645
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。